30代になった社会福祉士のブログ

昭和60年生まれの社会福祉士です。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

【社会福祉士試験対策その2】 COS(慈善組織協会)ついて、簡単にまとめてみた。

f:id:social-walfare-work:20170710150121j:plain

はじめに

 

以前、ソーシャルワークを理解するために、

リッチモンドとアダムスを紹介しました。

 

social-walfare-work.hatenablog.com

 

そして、彼女らが活躍した時代にあった

COS(慈善組織協会)という組織もソーシャルワークの起源に大きく

関わっています。

 

また、平成28年社会福祉士の試験でも

COSについて取り上げていますので、 

これを機会にソーシャルワークの歴史や意義をおさえましょう。

 

COS(慈善組織協会)とは

 

COSは"charity organization society"の略です。

1969年、ロンドンで誕生しました。

 

19世紀のイギリスは資本主義が発展する一方で、

国民の貧富の差が拡大し、貧困問題が深刻になっていました。

 

もちろん、貧困に苦しむ人たちに個々で慈善活動をしているところはありましたが、

援助が特定の場所に集中して、必要な人に届かないこともありました。

 

なので、COSは今までバラバラで行われていた援助活動を

多くの慈善団体に連絡・調整し、まとめることで、漏れがなく支援が広く行きわたるようにしました。

 

そのため、COSは「コミュニティワーク」

さきがけとなる組織といわれています。

 

ちなみに、コミュニティワークは以下の記事で紹介しています。参考まで。

 

social-walfare-work.hatenablog.com

 

COSの「友愛訪問員」が今日におけるソーシャルワークの基盤になる。

COSは慈善団体間を連絡・調整する役割だけでなく、

貧困に苦しむ一人一人に向けた支援にも

力を注いでいました。

 

COSは「友愛訪問員」(friendly visitor)と呼ばれる

ボランティアを募り、家庭へ個別に訪問する活動を

行いました。これがケースワーカーの根源とされています。

 

そして、COSの活動は海外まで波及し、

1877年にアメリカのニューヨーク州

バッファローに誕生したのをきっかけに

アメリカ全土にも広がっていきます。

 

1990年代ごろには今まで培ってきた「友愛訪問員」のノウハウをまとめ、

それを教育することで、プロを育成(専門化)する動きが出てくるようになります。

 

※補足ですが、第29回(平成28年度)社会福祉士の試験<問題93>では

「友愛訪問員」のノウハウをまとめることを試験では

「科学化」と難しい言葉を使っています。解釈は、

そのノウハウを言葉にして、学問にするイメージでいいと思います。

 

これがソーシャルワークの始まりとも言われ、その専門化に大きく貢献したのが、

アメリカでCOSの職員として働いていた

リッチモンドでした。

 

リッチモンドは1917年に『社会診断』(Social diagnosis)

ソーシャル・ケースワークとは何か』(What is Social Case work)

を著し、ソーシャルワークの実践における専門化を追究していきました。

 

まとめ

 

COSは多くの慈善団体を連絡・調整する役割だけでなく、

「友愛訪問員」という個別支援という役割を担っていました。

 

そして、COSはアメリカにも広がり、友愛訪問員の活動で得た実践を学問にする(=科学化する)ことで、

専門化を進めます。特に専門化に貢献したのはリッチモンドでした。

 

とても長文になりましたが、これを抑えておくと

ソーシャルワークの意義が理解できるようになりますよ。