読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代になった社会福祉士のブログ

昭和60年生まれの社会福祉士です。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

Mr.Childrenのライブがスゴいのは演奏だけじゃない、ファンへの思いやりだって一流なんです。

f:id:social-walfare-work:20170422225145j:plain

 

 

私は音楽バンド「Mr.Children」のファンです。

ファン歴は10年になります。

 

2007年の『Mr.Children "HOME" TOUR 』が、初めて

ライブ観覧でした。

 

場所は横浜アリーナでしたが、

その会場の前には

Mr.Childrenのライブチケット譲って下さい」

という紙を持っているファンが

十数人いて、びっくりしました。

 

また、その周辺で

マチュアバンドさんも路上で演奏しており、

「これから、Mr.Childrenバンド始まるよ」と

Mr.Childrenのライブに便乗する形で

楽しんでいました。

 

そして、本物のライブは鳥肌がたつほど、最高でした。

 

それ以来、暇があればライブに行きたいと思うのですが、

チケットは入手困難で、簡単に行けません(泣)

 

それでも、私がMr.Childrenのライブに行きたいと思う理由は

彼らの演奏技術だけでなく、

観客への思いやりもプロレベルなところ。

 

Mr.Childrenはとってもファンを大切にしているので、

その良さをライブで感じることができます。

 

なので、今回はMr.Childrenのライブに行って、

実際にスゴイと感じた「思いやり」について

書いていきます。

 

1、興味のない観客のことも考えていること。

Mr.Childrenのファンは非常に幅が広く、

マニアックから、最近興味を持った人など、

様々な人たちがいます。

 

ここ数回参加していますが、ライブでは

すごいファンの人、そうでもない人

誰でもが楽しめる、

ファンのことを意識している感じが伝わります。

 

特にすごいと思ったのが、

2015年の『REFLECTION』

でのライブでした。

 

うろ覚えですが、

MCでボーカル・桜井和寿

「このライブで来てくれた人の中には、

彼氏がミスチルの大ファンで

興味もなく、ついてきてくれた彼女もいると思います。」

「そんな彼女でも、なんとなく聞いたことが

ある曲をお届けします。」

と言っていました。

 

このMCを聞いたとき、

興味のない観客まで配慮していて、

ホントに観客の心をつかむのが上手だと感じました。

 

ちなみに、ここで演奏されたのは

大ヒットナンバーの『口笛』で、

観客全員と唄うという演出をしております。

 

DVDでは映っていませんが、だれでも歌えるように

ライブモニターには歌詞を表示する親切さがありました。

 

 

2、ライブチケットの転売対策が徹底している。

 ミスチルのチケットはとても人気があるので、

ライブのチケットを大量に手に入れ、

倍の値段で売る「転売」行為が問題になっています。

 

転売されたチケットを購入することは、

転売屋の勢いを促してしまうので、

私はそこでは購入をしません。

 

でも、転売屋のせいで、チケットが買占められ、

本当に行きたい人がライブに行けないのは

腹が立ちます。

 

そこで、2015年の『REFLECTION』のライブ

では、転売ができないようにライブ前日ごろにチケットを販売する

対応をしていました。

 

さらに、翌年2016年の『Hall Tour  虹』では

ライブチケットの本人確認があり、身分証明が必要になる

対策も行っています。

 

まだ、100%とは言いませんが、感覚として

以前に比べ、チケットが手に入りやすくなり、

転売屋も手を出しずらくなってきたのかなと

思います。

 

3、桜井和寿よるMCの思いやりがスゴイ 

桜井和寿のMCを聞くと、天才かと思います。

話の中にユーモアも交えつつ、観客を思いやりを

しっかり伝えてくれます。

 

平日金曜日の夜にライブをしている時に

「忙しい中、来てくれてありがとう」とか、

 

ライブの終了後も

「気を付けて帰ってね」

とちょっとした気遣いも忘れません。

 

そして、すごいと思ったのが、

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完」

豪雨となった日産スタジアムの中でライブ

を開催した日のこと。

 

屋根付きのステージから、中央の屋根のない演奏スペースに

メンバーが移動するとき、

桜井和寿がドラムス・鈴木英也に

「床が非常に濡れて、滑りやすくなっている

から気を付けて」と声をかけていました。

 

ライブという大舞台で、観客やバンドメンバーにも

気遣いができることが

桜井和寿の魅力だと感じます。

 

最後に

Mr.Childrenのライブに行くと、

観客と一緒に唄ったり、踊ったりして

一緒にステージを盛り上げていく

感覚を感じることができます。

 

きっと、それができるのは

「演奏がスゴいだけではなく」、

Mr.Childrenがファンを大切するからこそ、

できることです。

 

これは、決してDVDでは味わえない

ライブでの醍醐味でもあります。