読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代になった社会福祉士のブログ

昭和60年生まれの社会福祉士です。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

成年後見制度に興味がある社会福祉士の皆さん。「ぱあとなあ」に登録をしてみてはいかが。

 

2025年に700万人が認知症になる時代

私は高齢者デイサービスの施設に勤めて、

多くの認知症の方に接してきました。

 

私の知る限り、認知症を持つほとんどの人は

お金の管理や介護サービスの契約ができません。

大体、家族が代わって行っています。

 

厚生省の発表によると、認知症は2012年時点で約462万人。

2025年には700万人を超えるとのこと。

 

また、40代、50代の若年性認知症もあり、

財産管理が今後、大きな問題になることでしょう。

 

ここで注目すべきは成年後見制度」です。

 

これは知的・精神障がい、認知症など判断能力が十分ではない人のために、

財産の管理や介護サービスを契約などを行うことができる制度です。

 

成年後見制度の利用者数は約19万人(平成27年12月末)

日本は高齢化が進んでいるので、今後も利用者増加が見込まれています。

 

成年後見活動『ぱあとなあ』について

社会福祉士として、

日本社会福祉士会を中心に、『ぱあとなあ』という成年後見活動を行っています。

 f:id:social-walfare-work:20170405232637j:plain

権利擁護センター「ぱあとなあ」

 

社会福祉士の資格を持つ人を対象に、定められた研修を受講すれば、

『ぱあとなあ』の一人として登録され、成年後見活動ができるようになります。

 

私も去年から、『ぱあとなあ』の登録を目指して研修を受けています。

興味がある方は、ぜひ考えてみてはいかがでしょう。 

 

成年後見活動「ぱあとなあ」に入るために必要なこと

『ぱあとなあ』に登録するためには、

都道府県社会福祉士会が行っている「基礎研修」を3年間通して

受講・修了する必要があります。

 

そして、基礎研修を終えると、

成年後見人養成研修」及び「名簿登録研修」を

受講でき、修了すると『ぱあとなあ』に登録され、

成年後見ができるようになります。

 

とりあえず、自分の所属する都道府県の社会福祉士会で、

「基礎研修」を受ける必要があります。

 

基礎研修は「基礎研修1」「基礎研修2」「基礎研修3」

の3段階に分けられ、

まず、「基礎研修1」を受講するところから始まります。

 

4月上旬から各都道府県社会福祉士会のホームページで、

「基礎研修1」の募集が始まります

 

先着順なので、ホームページを常にチェックして

申し込み開始日を抑えておきましょう。

 

ちなみに「基礎研修1、2、3」は

社会福祉士会に入会しなくても受講はできますが、

申し込み多数の時は、入会・入会手続きをしている人

が優先されます。

 

去年、私は神奈川の方で「基礎研修1」を応募しましたが、

すぐ定員に達することはなかったので、

非会員でも、すぐに応募すれば大丈夫だと思います。

 

絶対、受けたいと思うのであれば、年会費(約1万~2万円)を

支払った方が無難です。

 

そこは個人の判断におまかせします。

 

また、すべての基礎研修後に受講できる「成年後見人養成研修」は

会員にならないと駄目ですので、ご注意