読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代になった社会福祉士のブログ

昭和60年生まれの社会福祉士です。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

職場で「社会福祉士」持っているのは私だけ。誰にソーシャルワークのアドバイスをもらえばいいのよ(怒)

小規模デイサービスに勤めて5年経ちます。 主に介護がメインですが、スタッフに指示を出したり、 時にはデイサービス管理者の代理をしたりしてます。 今は相談業務はあまり関わっていない 状況です。今後、相談員としてステップアップの 見通しもたっていま…

社会福祉士の実習日誌について【目標の立て方のポイント】

はじめに 社会福祉士の学校で必ず受けなければならない実習。 その中でも、毎日、実習後に書く記録は、 何を書いたらいいか迷うこともあります。 なので、今回は実習日誌の「目標の立て方」について ポイントを解説します。 ↓こちらで、実習の基本的な事をま…

社会福祉士を持っていても、相談業務に勤めることができないんですけど・・・

社会福祉士を持っていても、 未経験者は相談業務に就くことが難しい 私は小規模デイサービスに勤めて、介護職員兼相談員として6年が経ちます。 主に介護がメインですが、スタッフに指示を出したり、 相談業務もしたりします。 しかし、この仕事に就くにまで…

電話対応が苦手な社会福祉士の人は必見。電話を受けるときに、大切な5つのポイントを紹介します。

相談員として働くためには、電話の対応はとても大切。 私にとって、電話対応は介護の仕事よりも厄介です。 電話の応対を間違えるだけで、クライアントを怒らせてしまい、 最悪、サービスの契約が吹っ飛んで、 会社のイメージまで下げてしまうこともあります…

成年後見制度に興味がある社会福祉士の皆さん。「ぱあとなあ」に登録をしてみてはいかが。

2025年に700万人が認知症になる時代 私は高齢者デイサービスの施設に勤めて、 多くの認知症の方に接してきました。 私の知る限り、認知症を持つほとんどの人は お金の管理や介護サービスの契約ができません。 大体、家族が代わって行っています。 厚生省の発…

社会福祉士の学校は「接遇」を学べないから、『秘書検定2級』を取りましょう。

社会福祉士は相談業務がメインですが、養成学校では「接遇」に関して学ぶことはありません。 しかし、利用者の家族や他機関などの信頼を築くには「接遇」は不可欠です。 そこで、おすすめするのは『秘書検定』です。そのメリットについて書いています。

これから社会福祉士の実習を受ける方へ。抑えるべきポイントを解説します。

今回は社会福祉士養成学校に通う人は必ず受けなければならない 「実習」について書いていきます。

国家資格・社会福祉士を取得するためには【受験資格について】

国家資格・社会福祉士は試験に合格することが 必須となります。ここでは、 受験資格や合格まで流れを分かりやすく解説していきます。 社会福祉士とは 社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」 で定められた国家資格です。 主な仕事は福祉施設での相談業…