読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代になった社会福祉士のブログ

昭和60年生まれの社会福祉士です。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

介護

わたしが認知症の人と関わるときに大切にしている7つのこと。

はじめに この記事を書いたきっかけは今年5月6日に 大阪・高槻市で73歳の妻が 寝たきりの認知症をもつ夫(76歳)の介護に疲れ、 食事を与えず、死なせてしまう事件をみたときでした。 www3.nhk.or.jp わたしの利用者にも老老介護で 夫が認知症をもち、妻が…

褥瘡ケアには「デュオアクティブ」。貼るだけでキズがふさがりました。

褥瘡ケアで「デュオアクティブ」はご存知ですか。 介護施設でよく見かける「褥瘡」。 一般的には「床ずれ」とも呼ばれ、 寝たきりの高齢者によくでてきます。 褥瘡はそのままにすると、感染症に なって、命にかかわることもあるので、 予防と早めの対応が大…

老後に不安がある30代の私が介護施設の高齢者から学んだ人生で大切な5つのこと。

お年寄りは私に人生で大切なことを教えてくれる 高齢者施設で働いてパートの期間を含めて 10年経ち、100人以上のお年寄りの人を 見てきました。 何より私にとって、ご年配の方は人生の先輩であり、 彼らの人生から学ぶことも多かったです。 なので、今回は高…

国が介護へロボットとICT(情報通信技術)の導入に取り組みだした。このままだと機械に仕事を奪われるかも(焦)

ロボットが台頭する時代へ 2017年1月、世界経済フォーラム(WEF)で ロボットや人工知能(AI)が発展し、 今後5年間で 世界15の国・地域で約510万人が 職を失うと発表がありました。 このニュースを見たとき、 介護業界もその対象になるかもと思…