30代になった社会福祉士のブログ

昭和60年生まれの社会福祉士です。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

【ソーシャルワーク初心者向け】ソーシャルワークの展開過程について解説してみた。~クライエントに会ってから、支援終了まで~

f:id:social-walfare-work:20170724001545j:plain

以前、ソーシャルワークにおけるケースワークに

ついてお話しましたが、その続きです。

 

social-walfare-work.hatenablog.com

 

今回はソーシャルワーカーで働くことになったことを

想定して、実際にどのような手順を踏んで支援をしていくのか

解説します。

 

ケースワークの展開について 

 

主に個人や家族に向けた援助の場合、

問題を抱えるクライエントに会ってから、支援計画を作成し、支援終了までの、

流れは大きく段階に分けることができます

 

①問題を抱えるクライエントと出会う

まず、ワーカーがクライエントを見つけることから始まります。

そのクライエントを見つけるパターンは以下の3つ。

  1. クライエントが直接、相談窓口に行き、ワーカーと会う。
  2. ソーシャルワーカーなど支援者の方から問題を抱えている人を発見する。
  3. クライエントの周りにいる人(家族、近隣、民生委員など)から連絡を受け、発見する。

 

②クライエントと会い、相手のことを知り、信頼関係を作る。

クライアントと会ったら、

まずワーカーは大まかに相手の抱える問題を把握したり、

信頼関係を構築したりしていきます。

 

これを「インテーク」と呼びます。

 

もしインテークを通して、自分の所属する場所よりも、

より適切な機関があることに気づいたら、他機関に引き継ぐことも

大切な役割になります。

 

支援計画をつくるための情報を集め、分析をする。

ここがソーシャルワークの展開過程で、一番大切なところです。

より相手を理解するために、クライエントやその家族など

コミュニケーションを通して、情報を集め、分析をしていきます。

これを「アセスメント」と呼びます。

そこから、クライエントの抱える問題の原因を探し、

それをもとに支援計画を作っていきます。

 

アセスメントにおいてはクライエントが抱えるハンディキャップが

社会生活の中でどう影響しているか考えることが

問題を発見するポイントになります。

 

<アセスメントにおいて大切なこと>

ソーシャルワーカーはクライエントと協同してアセスメントを行う。

・利用者が何を求めているのか正しく知る。

・クライアントを取り巻く家族や近隣、通っている学校や病院なども

同時にアセスメントを行い、自立支援のために活用をしていく。

 

④支援目標の設定し、支援計画をつくる。

アセスメントで見えてきたクライエントの問題を解決するために、

支援目標を設定していきます。

また、支援目標はソーシャルワーカーとクライエントだけでなく、

支援を行う関係機関などの間でも共有されます。

そして、目標が決まったら、具体的な支援内容を決め、支援計画をつくります。

ただし、支援計画はワーカーが一方的に決めるのではなく、

クライエントも積極的に関わった方が望ましいです。

 

⑤支援計画の実行

その協力者・関係機関と意思を統一して、

しっかり支援体制を整えて、いよいよ支援計画が始まります。

 

⑥実際に支援計画が順調に進んでいるか確認する

ワーカーは計画を立てた後も、その経過を見る役割があります。

実際に支援計画が順調に進んでいるか確認することを

モニタリング」と呼びます。

うまくいっていない場合はアセスメントをやり直し、支援計画を修正します。

 

⑦全体評価をする。

支援が終わるときにワーカーとクライエントと一緒に、目標が達成された

どうか確認していきます。たとえ目標が達成できなくても、

あとはクライエントだけで解決できると判断できる場合、支援終了になります。

ワーカー自身がその支援内容を振り返ることも、自身のスキル向上において

大切です。忘れずに自己評価しましょう。

 

最後に

今回は個人に向けた援助の流れを紹介しましたが、

特に④のアセスメントはおさえておきましょう。

 

社会福祉士の試験でも出てくるし、

実習でも大半の時間がアセスメント作業を占めています。

 

これがうまくいけば支援計画書も書けるようになりますので、

学校を卒業するまでにはマスターしておくと、今後が楽になりますよ。

高齢者施設で利用者の「熱中症」をふせぐ3つのポイント。

f:id:social-walfare-work:20170718004852j:plain

夏は、高齢者の「熱中症」が気になる季節でもあります。

 

わたしの施設は民家をリフォームしたものなので、

室温の管理はスタッフが行い、必要に応じて冷房をかけて、

熱中症にならないようにしています。

 

今回は、その経験から分かった

高齢者の「熱中症」を予防する3つのコツ

を紹介していきます。

 

1、高齢者は体感温度が鈍くなっていることを理解する。

 

わたしの利用者は夏になっても、寝るときに湯たんぽを

使う人がいます。でも、その利用者は翌朝、

汗でびっしょりになっていたことがありました。

 

高齢になると暑さを感じにくくなりますので、

自分が暑いと感じるのに、高齢者が暑くないというときは

まず、疑問に思いましょう。鵜呑みは絶対にダメです。

 

また、猛暑なのに何枚も重ね着している人は要注意。

熱中症だけでなく、

知らぬ間に汗でびっしょりになり、風邪の原因にもなりかねません。

もし、体温測定で微熱だったら、

服に熱がこもっている可能性が高いですので、

その場合はこもった服の熱を逃がしてあげましょう。

 

2、直接、風が当たらないようにする。

 

お年寄りは風にあたると寒く感じるため、とにかく「風」を

嫌がります。暑さ対策で窓をあけたり、扇風機や冷房をかけても

風にあたるのを嫌がり、利用者から「窓を閉めて」「冷房を切って」

と言われることも多いです。

 

なので、利用者には「風が当たらない」ように

最大の配慮をしましょう。

 

デイサービスにおいては、送迎で車の窓を開けると

非常に嫌がるので、少しだげ開けておくか、冷房で対応しましょう。

 

3、水分補給をこまめに。とらない利用者には声掛けをする。

 

認知症の人によく見られるのですが、猛暑なのに

お茶を出しても、なかなか飲んでくれない人もいます。

全く飲む様子がみられないときは、

冷えた麦茶に変えたりや声掛けをして対応しています。

 

夏場では水分の補給は非常に大切です。

30度を超える猛暑の日は、利用者に「のどが渇きませんか」と

尋ねたり、冷たい飲み物を提供することも大切になります。

 

また、ご本人が飲む気がなくても、

時にはお茶を持たせてあげるなど工夫して、

水分補給を促しましょう。

 

さいごに

 

今年の夏は猛暑が続くと見込まれており、

その分「熱中症」対策が必要になっていきます。

 

やはり、もっとも大切なのは

「自身の暑さの感覚を信じること 」

です。

 

わたしのスタッフでも「熱くない」という利用者の

言葉を真に受けて、30度もあるフロアで冷房をつけずに

いたことがありました。

 

その対応は「熱中症」を引き起こしますので、

介護職の方は十分気を付けた方がいいですよ。

2040年からは高齢者が減って、IT技術も進歩するから、介護職員や高齢者施設はいらなくなりますよ。

f:id:social-walfare-work:20170717010113j:plain

今、わたしの職場では介護スタッフが不足しています。

10万円ほどの広告をかけても、給料の安さや仕事の大変さで

中々、応募がないのが悩みの種です。

 

わたしの地域における求人広告をみても、

大半はデイサービスや老人ホームなどの

職員を募集をしており、介護スタッフ不足は高齢者福祉施設

共通問題のように感じます。

 

しかし、2040年代からは確実に

介護スタッフはいらなくなっていきます

 

一体どういうことか。詳しく説明していきます。

 

2042年から65歳以上の高齢者が減っていく。

平成29年に推計した、日本の将来推計人口では、65歳以上の高齢者が

2042年には約3940万人とピークを迎えます。

 

そして、2042年を境に高齢者人口は減りはじめ

2060年には約3540万人となり、約400万人も減少すると見込まれます。

参考URL:http://www.ipss.go.jp/pp-zenkoku/j/zenkoku2017/pp29_gaiyou.pdf

そして、介護保険のサービスを受けることができるのは、

基本、65歳以上の高齢者であるので、

この減少によって、徐々に介護スタッフや高齢者施設がいらなくなっていきます。

 

IT技術の進歩も介護職の仕事を奪っていく

さらにIT技術発達によって、介護の仕事が機械に奪われ、

介護職は必要とされなくなっていきます。

 

2018年の介護報酬では、情報技術やAI(人工知能)を使った事務所に

加算をつけることが検討されています。

 

また、最近、ケアマネが作る支援計画(ケアプラン)をビッグデータ化して、

利用者の悩みを打ち込めば、コンピュータが自動でケアプランを

作れるサービスを提供する企業も出てきました。

 

今は全自動の自動車が開発されようとしているので、近いうちに

デイサービスでの送迎ドライバーはいらなくなるかも。

 

これから、介護スタッフもクオリティを高めないと、どんどん機械に仕事を

奪われていく時代になります。

介護は「人不足」だから、簡単に就職できるという考えはやめましょう。

 

もう箱モノ施設はいらない。

 

現在は多くの企業が介護業界に参入して、

有料老人ホームや保険外で宿泊を行うデイサービスなど

高齢者向けの施設が多く出てきました。

 

そして、わたしの地域ではこのような施設の乱立によって、

一部の老人ホームに空きが出ている状況が出ています。

 

確かに老人ホームを希望している高齢者は多くいると

言われていますが、もう箱モノ施設はいらないというのが正直な意見です。

 

このまま高齢者施設を増やしていったら、2040年代から、

建物だけが残ってしまうのは目に見えています。

キーになるのは若い世代です。

 

若者が自分の住んでいる地域をどんなふうにしていきたいのか

興味を持ち、政治に反映していくことが大切だと思います。

社会福祉士の実習日誌について②【ソーシャルワークの視点とは】

f:id:social-walfare-work:20170714004747j:plain

社会福祉士の実習日誌は、

ソーシャルワークの視点”で1日の考察を

書く必要があります。

 

わたしは「ソーシャルワークの視点 」って、

よく分からず、実習を受けていました。

 

今思うと、利用者といい関係性を作ることに集中しすぎて、

ソーシャルワークを学べなかったと後悔しています。

 

そうならないように、簡単に

ソーシャルワークの視点を解説します。

 

ソーシャルワークの視点は大きくわけて2つある。

まず、ソーシャルワークの視点には

個人または、それを取り巻く環境(家族、施設職員など)

社会全体(制度、社会問題など)

の2つに分けることができます。

 

「個人または、それを取り巻く環境」の視点について

いわゆるケースワークの考え方です。

ケースワークについてはこの記事で詳しく説明しています。

 

social-walfare-work.hatenablog.com

 

実習におけるケースワークは

相手を理解する」ことが中心になります。

 

実習は直接、利用者と関わることが多いので、

コミュニケーションを通して、相手のことを理解し、

その人の長所、課題などを考えることが大切になります。

 

実習先によっては、実際に食事介助や入浴介助などのケアワーク

することがありますが、目的は「相手のことを知る」ために

行っています。

ケアワークがメインではありませんので、ご注意を。

 

そして、個人だけでなく、その人を取り巻く環境にも

目を向けてみましょう。特に利用者の家族は大切です。

 

エコマップを作成するのも、その人の環境を知るうえで

大切になります。支援計画書を書くときは

相手のニーズを見つけるのに有効ですので、

活用してみましょう。

 

また、実際に現場で働くソーシャルワーカーの支援を

観察することも勉強になります。

また、授業で習ったソーシャルワークの理論を

当てはめて、自分なりに考察してみましょう。

バイスティックの7原則」や「実践のアプローチ」

などを当てはめて、その結果を指導員にたずねる

のも、とても大切な学習方法になりますよ。

 

 社会全体の視点について

ソーシャルワークの視点には、個人だけでなく、

社会もその対象に入っています。

 

簡単に言うと、「支援をする人をサポートする間接的な援助」という感じです。

 

例えば、社会福祉協議会はその地域からボランティアを募り、

連絡・調整する「コミュニティワーク」の役割があります。

 

また、福祉施設の管理者が行う「アドミニストレーション」、

社会保障などの制度や、社会調査も含まれています。

 

少し高度になりますが、余裕のある方は、

その視点で実習記録を書くのも

面白いと思います。参考までに。

 

まとめ

 

今回は、ソーシャルワークの視点について、

主に個人やその家族、支援者を中心とした視点を

紹介しました。

 

でも、実際に実習でその視点を実践してみて、

うまくいかなくても大丈夫です。

 

その経験が、ソーシャルワークを理解するカギになること

がありますので、あきらめずにトライしていきましょう。

30代のわたしが「ダイエット」をして実感した、介護職に嬉しい2つのメリット。

会社の健康診断で「体重を落とすように」

と医師に言われたので、

1年前からダイエットをしています。

 

ダイエット内容は朝にニンジンとリンゴをジューサーにかけた

ジュースを飲んで、昼食は軽めの食事にするだけ。

 

その結果、体重が1年前には75キロあったのが、

現在では69キロに減りました。

 

たかが6キロと思いますが、その減量で

特に介護職に嬉しいメリットが2つありました。

今回はそのメリットについてご紹介します。

 

1、腰の負担が減った。

 

f:id:social-walfare-work:20170710191650j:plain

ダイエットする前は腰痛に悩まされ、

ひどいときはぎっくり腰になりかけて、

歩くのもできないぐらいの痛みがありました。

 

なので、毎週、接骨院に通い、

整体や鍼灸を受けてケアをしていました。

 

しかし、体重が減ってから、

腰の張りが減り、腰痛が格段に少なくなりました。

そして、接骨院も月に1回程度のケアで済むようになりました。

 

BMI数値が高いひとで腰痛に悩む方は、まず体重を落としたがいいです。

体が楽になりますし、これまでスゴイ「脂肪」という重りを

身につけていたと感じることができます。

 

2、お金が節約できる。

 

f:id:social-walfare-work:20170710191711j:plain

ダイエットする1年前は腰痛に悩まされ、毎週1回、

接骨院で施術を受けていました。

その金額はひと月で計1万2000円も使っていました。

 

しかし、ダイエットしてからは、腰の負担も減ったため、

ひと月に一度だけで済むようになりました。

 

あと、以前は仕事のストレスから甘いもの、ジュースや

スナック類を過度に食べていましたが、

ダイエットをしてから、馬鹿食いすることもなくなりました。

その結果、お菓子にかけるお金も減りました。

 

今まで、ジュースやお菓子などにひと月4000円ほど使っていたので、

接骨院の分を合わせて、約1万6000円の節約になりました。

 

ダイエットはお金の節約という点でもメリットがあります。

介護職は給料が安い水準ですので、少しでも「痩せたい」と

思った介護職の方はやった方がお得です。

 

さいごに

 

ダイエットには腰の負担を減らすだけでなく、

お金の節約になり、介護職にとても良い効果を実感しました。

 

また、体重が減った分、体が楽になって、

仕事の効率も上がりました。

 

もし、このブログを読んでダイエットをしてみようと

思った人がいれば、ぜひやってみましょう。

体重がある人ほどメリットは実感できるはずです。

 

ダイエットは「本気で痩せたい」と思えば、

絶対、やせることができます。

 

そして、

 

無理をしない範囲でやっていきましょう。

 

急なダイエットは体に良くありません。

まず、自分でできる範囲でダイエットをしてみましょう。

 

【社会福祉士試験対策その2】 COS(慈善組織協会)ついて、簡単にまとめてみた。

f:id:social-walfare-work:20170710150121j:plain

はじめに

 

以前、ソーシャルワークを理解するために、

リッチモンドとアダムスを紹介しました。

 

social-walfare-work.hatenablog.com

 

そして、彼女らが活躍した時代にあった

COS(慈善組織協会)という組織もソーシャルワークの起源に大きく

関わっています。

 

また、平成28年社会福祉士の試験でも

COSについて取り上げていますので、 

これを機会にソーシャルワークの歴史や意義をおさえましょう。

 

COS(慈善組織協会)とは

 

COSは"charity organization society"の略です。

1869年、イギリス・ロンドンで誕生しました。

 

19世紀のイギリスは資本主義が発展する一方で、

国民の貧富の差が拡大し、貧困問題が深刻になっていました。

 

もちろん、貧困に苦しむ人たちに個々で慈善活動をしてましたが、

援助が特定の場所に集中して、必要な人に届かないことがありました。

 

なので、COSは今までバラバラで行われていた援助活動を

多くの慈善団体に連絡・調整し、まとめることで、漏れがなく支援が広く行きわたるようにしました。

 

そのため、COSは「コミュニティワーク」

さきがけとなる組織といわれています。

 

ちなみに、コミュニティワークは以下の記事で紹介しています。参考まで。

 

social-walfare-work.hatenablog.com

 

COSの「友愛訪問員」が今日におけるソーシャルワークの基盤になる。

COSはさまざまな慈善団体を連絡・調整する役割だけでなく、

貧困に苦しむ一人一人に向けた支援にも

力を注いでいました。

 

COSは「友愛訪問員」(friendly visitor)と呼ばれる

ボランティアを募り、家庭へ個別に訪問する活動を

行いました。これがケースワーカーの根源とされています。

 

そして、COSの活動は海外まで波及し、

1877年にアメリカのニューヨーク州

バッファローに誕生したのをきっかけに

アメリカ全土にも広がっていきます。

 

1900年代ごろには今まで培ってきた「友愛訪問員」のノウハウをまとめ、

それを教育することで、プロを育成(専門化)する動きが出てくるようになります。

 

※補足ですが、第29回(平成28年度)社会福祉士の試験<問題93>では

「友愛訪問員」のノウハウをまとめることを試験では

「科学化」と難しい言葉を使っています。解釈は、

そのノウハウを言葉にして、学問にするイメージでいいと思います。

 

これがソーシャルワークの始まりとも言われ、その専門化に大きく貢献したのが、

アメリカでCOSの職員として働いていた

リッチモンドでした。

 

リッチモンドは1917年に『社会診断』(Social diagnosis)

ソーシャル・ケースワークとは何か』(What is Social Case work)

を著し、ソーシャルワークの実践における専門化を追究していきました。

 

まとめ

 

COSは多くの慈善団体を連絡・調整する役割だけでなく、

「友愛訪問員」という個別支援という役割を担っていました。

 

そして、COSはアメリカにも広がり、

友愛訪問員の活動で得た実践を学問にする(=科学化する)ことで、

専門化を進めます。特に専門化に貢献したのはリッチモンドでした。

 

とても長文になりましたが、これを抑えておくと

ソーシャルワークの意義が理解できるようになりますよ。

高齢者デイサービスにパチンコはいけないのかなぁ。最強のリハビリ用具になると思うけどなぁ。

f:id:social-walfare-work:20170706013139j:plain

はじめに

 

みなさんは高齢者デイサービスで利用者がパチンコをするって、

どう思いますか。

 

パチンコによって利用者に楽しさを提供できるし、

脳の活性化も期待できますが、

その一方、依存症による弊害も

心配する方もいると思います。

 

今回は高齢者とパチンコについて、考えていこうと思います。

 

パチンコなど主体としたデイサービスに規制をかけた神戸市

2015年に神戸市が一日中、主としてパチンコ等を行う

デイサービスを介護保険のサービスとは認めない条例を出しました。

 

神戸市のデイサービスでは

・麻雀、パチンコ、カードゲームなどギャンブル要素のあるゲームをメインに事業してはいけない。

・疑似通貨の使用禁止

・デイサービスの広告に「カジノ」などを連想させる言葉を使っていけない。

事業所はこれを守らないと介護保険のデイサービスとして認められません。

 

ただし、神戸市は完全にパチンコを否定しているのではなく、

機能訓練の一つとしてとらえるのであれば大丈夫のようです。

 

参考URL:http://www.city.kobe.lg.jp/life/support/carenet/kiteiyoushiki/amusement-dayservice.html

 

そして、この条例がネットで話題になり、2万2181人が回答し、

「規制すべき」が50.6%(1万1231票)、

「規制すべきでない」が49.4%(1万950票)と

意見は完全に二分したという記事もありました。

参考URL:パチンコ・麻雀・トランプ…娯楽は介護の役に立たない? デイサービスに規制の動き | 「介護求人ナビ 介護転職お役立ち情報」

 

「手打ちパチンコ 」をもっとデイサービスに!

現在、高齢者のリハビリ用に新たなパチンコが開発されています。

 

自動車のようなハンドルや足のパネルを使って、パチンコ玉をはじく

新感覚のパチンコ台がみられます。

参考URL

seniorguide.jp

 

このようなパチンコも魅力的ですが、

あえて、わたしは

昔の「手打ちパチンコ」をリハビリ用に復刻してもらいたいと

強く願います。

 

そう思ったのが、ある女性利用者の方で

「今のパチンコより、昔の手打ちパチンコが面白かった」と

言われたのがきっかけでした。

www.youtube.com

 

その理由は「レバーを使ってパチンコ球をはじくから、

自分で考えて、力を調整するのが面白い」とのこと。

最近のパチンコは自動で玉をはじくからつまらないと言っていました。

 

その話を聞いて、手打ちパチンコには

・レバー操作による指先の機能訓練

・パチンコ玉の弾く力を考えることで脳の体操になる。

という2つのメリットがあることに気づきました。

 

そのメリットに気づいた時、手打ちパチンコ自作しようかと

思いましたが、不器用なのであきらめました。

 

最後に

 

パチンコはお年寄りにとって、魅力的なものではあります。

しかし、依存症やギャンブルのイメージがあり、なかなか

導入するのが難しい現状はあるようです。

 

そして、パチンコの中で「手打ちパチンコ」は

デイサービスの機能訓練として、もっとも可能性を秘めています。

 

この記事を読んで、わたしのかわりに、介護用に改良した

手打ちパチンコを出してくれると嬉しいなぁと思います。