読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代になった社会福祉士のブログ

昭和60年生まれの社会福祉士です。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

これから社会福祉士の実習を受ける方へ。抑えるべきポイントを解説します。

今回は社会福祉士養成学校に通う人は必ず受けなければならない

「実習」について書いていきます。

 

私の実習先は児童養護施設、福祉公社の2つでした。

 

毎日、自身で目標を設定して、その日の実習で学んだ内容を日誌を書くのが、

とても大変な作業であったと記憶しています。

 

当時の私はメモを必死に取り、それをまとめて、

ソーシャルワークの用語と感想を加えて、日誌を乗り切ってました。

 

しかし、社会人になって、こういう風に実習をすればよかったなと思う

ポイントがあったので、これから実習を受ける方にお伝えしたいと思います。

─────────────────────────────
何のために実習をするのか
─────────────────────────────

多くの人は社会の中で自立した生活を送ることができますが、

支援を受けなければ、生きていけない人もいます。

 

みなさんはどんな人が支援を必要としている思いますか?

 

例えば、親から虐待を受けた児童、障がい者

認知症のある高齢者、ホームレスなど

様々な人たちが思い浮かぶでしょう。

 

私たちが実習する施設は、その人たちを対象に、

社会の中で自立して暮らせるように支援をしています。

 

この役割は「社会福祉士」が担当することが多く、

実習生はその現場から「ソーシャルワーク」を学ぶことになります。

─────────────────────────────
実習で大切な視点
─────────────────────────────

私は日誌を書くときに非常に悩んだのが社会福祉士の観点」で考察すること。

当時は意味不明でしたが、今は少し分かる気がします。

 

実習で求められる「社会福祉士の観点」とは

相手を客観的な事実で理解をすることだと思います。

 

例えば、ケアマネージャーがクライアントを把握する時、

家族構成や病歴、これまでの人生などを聴きますよね。

 

実習生も同様に

利用者や職員とコミュニケーションを取りながら、

「利用者にまつわる情報(家族・関係機関など)を集め、その人を理解する」

ことが大切です。 

 

ぶっちゃけ、実習は毎回その情報を集めて、

日誌を書く時に、情報を整理・考察する作業の繰り返しです。

 

で、その観点から利用者を見ると、

「実習施設での利用者が、なぜそこで支援を受けているのか」

理解することができますし、その人が抱える課題がみえてきます。

 

その考察結果を書き留めるのが「日誌」の役割になります。

 

まず、社会福祉士の視点で見るのは大変かと思いますが、

今後、ソーシャルワーカーとして働く人には重要な要素になりますので、

是非、身に付けていきましょう。

─────────────────────────────
実習で注意してほしいこと
─────────────────────────────

実習ではどうしても、職員によるケア」に注目が行くときがあります。

しかし、それは社会福祉士ではなく、

介護・保育士の視点になりやすいので注意しましょう。

 

私は「バイスティックの原則」を基本に、

利用者と信頼関係を結ぶことを重視したあまり、

その職員のケアを中心とした実習を送ってました。

 

それだと、利用者の感情だけしか見てないので、

利用者に関わる家族や機関にまで視野を広げることはできず、

お粗末な結果に…。

 

なので、その人の内面だけでなく、一歩引いて、

その全体(どんな人生を送ったか、どんな病気があるか、

家族・友人関係はどうかなどの事実)を考えてみること大切になります。

国家資格・社会福祉士を取得するためには【受験資格について】

f:id:social-walfare-work:20170413110424p:plain

国家資格・社会福祉士は試験に合格することが

必須となります。ここでは、

受験資格や合格まで流れを分かりやすく解説していきます。

 

社会福祉士とは

社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」

で定められた国家資格です。

主な仕事は福祉施設での相談業務が中心とされています。

働く分野は幅広く。児童・障がい・高齢福祉施設を始め、

学校や病院の相談役、権利擁護、ケアマネジャーなどあります。

 

ただし、社会福祉士は、「名称独占」の資格であるため、

無資格の人でも社会福祉士の仕事に携わることはできます。

 

社会福祉士なるために

社会福祉士を取得するためには、

毎年1度ある「社会福祉士国家試験」に合格する

必要があります。

[社会福祉士国家試験]:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

 

また、受験をするためには、

基本的に社会福祉士の養成施設・大学等を

卒業しないといけません。

 

最初のステップとして、

自分に合う学校を選ぶところから

始めていきましょう。

 

受験資格の最重要ポイント

最初に社会福祉士の受験資格が取れる

施設・学校は大きく分けて4つあり、

  • 福祉系大学(4年制)

  • 福祉系短期大学(3年・2年制)

  • 一般養成施設

  • 短期養成施設

必ずいずれか1つを卒業する必要があります。

 

そして、自身のこれまでの学歴や実務経験によって、

入学するべき施設・学校が変わりますので、

注意していきましょう。

受験資格が取れる学校・施設について

福祉系大学

社会福祉士の受験資格に必要な科目を修了できる大学。

相談業務が未経験でも、受験資格を得ることができます。

 

福祉系短期大学

社会福祉士の受験資格に必要な科目を修了できる短期大学で、

一定の相談業務経験があれば受験資格を得ることができます。

 

一般養成施設

昼間・夜間・通信制の3種類があり、

1年~2年ほどで卒業できる学校です。

 

基本、学歴が大学以上であれば、

実務経験がなくても入学できます。

 

ちなみにユーキャンの社会福祉士対策講座は

一般養成学校ではないので、ご注意を。

 

短期養成施設

通信制で9~12か月程で卒業できる学校。

職務経験や福祉系大学・短期大学を

卒業した人を対象としています。

 

学校選びのポイント

まず、自分の学歴を把握しましょう。

 

最低、中学卒業が必要になります。

 

学歴が中学卒業までの場合

・一般養成施設卒業+相談実務経験4年以上

 

学歴が高校卒業までの場合

 

・一般養成施設卒業+相談実務経験4年以上

・福祉系大学(4年制)卒業

 

2つのうち、どちらかを満たせばOK.

 

学歴が一般の大学(4年制)

又は(福祉系以外の)専門学校(4年制)卒業の場合

 

・一般養成施設卒業

 

学歴が一般の短期大学(3年制)

又は(福祉系以外の)専門学校(3年制)卒業の場合

 

・一般養成施設卒業+相談実務経験1年以上

 

学歴が一般の短期大学(2年制)

又は(福祉系以外の)専門学校(2年制)卒業の場合

 

・一般養成施設卒業+相談実務経験2年以上

 

中学生・高校生・大学在籍の方へアドバイス

中学生・高校生の方

将来、すぐに社会福祉士を取得を目指すのであれば、

高校を卒業して、

福祉系大学(4年制)卒業をすることをオススメします

 

学校に通いながら、相談実務を

経験することは無理ですので、

高校卒業までに自分に合う

福祉系大学(4年制)を見つけておきましょう。

 

一般大学に在籍の方

大学在籍中に一般養成施設に通うことはできませんので、

まず入学するためには、大学を卒業する必要があります。

 

なので、卒業後、勤めながら夜間・通信制に通うか、

就職せずに短期間で卒業できる一般養成施設を選ぶなどの

プランを立てておきましょう。

 

学校・施設一覧

福祉系大学(4年制)、福祉系短期大学を検索の場合はこちら

 

東京の社会福祉士(ソーシャルワーカー)を目指せる大学・短大を24校から探そう【スタディサプリ進路】

 

一般養成施設、短期養成施設一覧はこちら

 

http://www.sssc.or.jp/shakai/shikaku/s_12.html

このブログについて。

初めまして。このブログを見て頂きありがとうございます。

昭和60年生まれで社会福祉士をやっています。

高齢者施設で働いており、相談員及び介護職(ほとんど介護がメインですが)

をしています。

このブログでは社会福祉士や福祉・介護、医療などの話題、自分の体験談などをメインに書いていきたいと思います。

なるべく福祉に詳しくない方にも分かりやすく読めるように心がけていきますので、よろしくお願いします。