読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代になった社会福祉士のブログ

昭和60年生まれの社会福祉士です。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

仕事が「できない人」から、「できる人」になるために必要な3つのステップ

f:id:social-walfare-work:20170523004252j:plain

高齢者デイサービスに勤めてから3年間、仕事ができてなかった私・・・

5年前、初めて社長からボーナスを頂くとき、

「ちゃんと、(給料分の)仕事して。」と

言われ、すごくショックを受けたことがありました。

 

わたしの社長は航空のCAをやっていたので、

かなりの経営スキルをもっており、

高齢者デイに勤めてから3年間は

ずっと「仕事ができていない」と

言われて苦しんでいました。

 

しかし、4年目から、

わたしの弱点を見直し、改めて基本的な仕事

を真剣に取り組んだら、一気に社長をはじめ、

スタッフの信頼も上がりました。

 

今は社長から仕事が頼まれることが多くなり、

経理の仕事も担うようになりました。

 

その経験から分かった、「仕事ができる人」に

なるために必要な3つのステップについてお話します。

 

1、基本の仕事でミスをしない

わたしたちは普段うっかりミスをしてしまうことがあります。

しかし、ビジネスにとっては、ちょっとしたミスでも、

大きな問題に発展することがあります。

 

また、そのフォローに多くの時間やエネルギーを

使ってしまい、結局、職場のスタッフにも

手伝ってもらい、迷惑をかけてしまうことも・・・

 

まず、「基本的な仕事でミスをしない。」

これが「できる人」の最大の特徴です。

 

仕事でミスをしたら、その倍以上の仕事が

増える気持ちでいましょう。そうならないように

日頃から、油断せずに仕事に取り組んでいきましょう。

 

2、ミスがなくなったら、仕事のスピードを上げる。

仕事のミスがなくなったら、

次はもっと早くできるようにしましょう。

 

そして、仕事を早くするために

・自分の仕事内容に無駄はないか。

・何か工夫するところはないか。

の2点に気にしながら、自身の仕事をみていきます。

 

この2つを意識すれば、仕事を早くするアイディアが

生まれ、パフォーマンスが向上します。

そうすると、自分に余裕がでてくるようになり、

相手のフォローもできるようになります。

 

3、仕事が早く終わるようになったら、新しいスキルを獲得していく。

わたしは、仕事が早くできるようになってからは、

帰宅時間が早くなりました。

なので、スキルアップのため、

秘書検定2級の勉強をするようになりました。

 

すると、苦手だった「敬語」や「電話の応対」も

上手くできるようになりました。

 

仕事がこなせるようになったら、何か新しいスキルを身につけると

更なるレベルアップができます。

 

仕事に正確かつスピードがでたら、それで終わりじゃ

もったいないです。その余裕を自分のスキルアップ

使いましょう。

 

ちなみに、秘書検定は接遇の基本を学ぶにはとても良いので、

ビジネスマナーに悩んでいたわたしには最高の検定でした。

 

そのことを記事に書いてありますので、良かったら参考まで。

 

social-walfare-work.hatenablog.com

 

日本企業はもっと女性の雇用について考えるべき!

f:id:social-walfare-work:20170521235356j:plain

はじめに

わたしの職場・高齢者デイサービスでは多くの女性が

働いています。男性2割、女性8割の比率です。

また、みんな給料は同じ水準で、同じ仕事量をこなしています。

男女で差はみられていません。

 

しかし、内閣府の「年齢階級別労働力率の就業形態別内訳」を

みると、平成25年における男性の労働人口は3,773万人。

一方、女性は2,804万人と

男性の方が約900万人上回っています。

また、正社員の割合も

男性の方が圧倒的に女性より数で優っております。

1-特-17図 年齢階級別労働力率の就業形態別内訳(男女別,平成25年) | 内閣府男女共同参画局

 

この結果から、日本企業は男性の方が長く勤めていることを

期待しているのがわかります

 

会社側は、男性社員が育児で仕事を中断してほしくない。

さっきの「就業形態別内訳 」をみると女性は20代後半から、

30代後半にかけて正社員の数が減少しています。

 

また育児休暇に関しては、2015年の調査によると、

男性は2.65%の取得率に対し、

女性は過去最高の81.5%を記録しています。

mainichi.jp

 

このデータから、20代~30代にかけて

子育てによって、仕事を中断する女性が

圧倒的に多いことがかります

 

また、決して男性が育児をしたくないのではなく、

職場環境が大きく関係しています。

 

ユーキャンの2014年の調査では

育児休暇取得における最大のカベは「職場の理解」と

出ていました。

www.u-can.co.jp

 

育児のために、仕事を中断しようとする男性社員に

上司がその希望を受け入れない「パタニティ・ハラスメント」

というのに悩まされいる人もいるようです。

 

やっぱり、企業側にとって、男性社員は子育てで

仕事を辞めてほしくないという思いがいまだに

根強くあることがわかります

 

また、

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(平成25 年)によれば、

男性の方が女性よりも賃金を多くもらう傾向にあります。

f:id:social-walfare-work:20170521234357p:plain

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/josei-jitsujo/dl/13b.pdf

 

男女雇用の平等とよくいいますが、

いまだに男性の育児休暇が取りにくいし、

男女の賃金格差もある。

やっぱり、日本はまだ男性中心の社会なんですね。

 

日本企業はもっと女性の雇用について考えるべき!

2016年4月に「女性活躍推進法」ができ、企業側に

女性雇用の改善を求めるようになっていますが、

根本的な解決につながっている感じはしません。

 

女性においては子育てが終わった後も

また仕事に復帰できるような環境を整え、

男性側にも育児休暇が取りやすくして、

女性への子育ての負担を軽減するようにするべきです。

 

それができれば、仕事の環境も一気に変わっていくでしょう。

少子化を解決するにはまず会社側の努力が不可欠です。 

 

【社会福祉士試験対策】簡単にソーシャルワークのはじまりについて説明してみる。

f:id:social-walfare-work:20170519224811j:plain

今回はソーシャルワークのはじまりについて

大切なところを簡単に説明してみます。

 

ソーシャルワークの先駆者といえば、

メアリー・リッチモンド、ジェーン・アダムズ

この2人の女性が代表的です。

 

この2人は両方ともアメリカ生まれで、

年も近いのですが、それぞれソーシャルワーク

の考え方が違います。

 

社会福祉士の試験だと

リッチモンドとアダムスは丸暗記で乗り切って

しまいがちですが、大切なことが満載なので

解説していきます。

 

メアリー・リッチモンドについて

1861年生まれ。アメリカ・イリノイ州ベイビル出身です。

 

この人はソーシャルワークの基盤になる

「ケースワーク」を作り、ケースワークの母とも呼ばれています。

 

彼女は若くして、両親を結核で亡くしています。

そして、お金もなく貧困に苦しんでいました。

 

しかし、彼女は慈善団体に所属し、メリーランド北部にある

ジョンホプキンス病院で働きだすことで、

福祉に本気で取り組むようになります。

 

この仕事経験がソーシャルワークを形づける

大切なものとなりました。

 

その後、彼女は自らの慈悲活動の経験をもとに

ソーシャルワークを学問にする取り組みをします。

 

そして、1917年に『社会診断』(social diagnosis)

という本を発表し、今後のソーシャルワーク発展に

大きな影響を与えました。

 

ジェーン・アダムズについて

1860年生まれ。アメリカ・イリノイ州シダーヴィル出身。

ロックフォード大学主席で卒業するも、すぐに父親が死去してしまいます。

 

そして、彼女も脊髄を手術するために

フィラデルフィアの女子医科大学を中退。

 

その後、ヨーロッパに行き、スペインで闘牛を見たのを

きっかけに自身のライフスタイルを見直し、

ロンドンへ向かい、世界最初の

セツルメント施設といわれるトインビーホールを見に行きます。

 

セツルメントとは貧しい人々が集まる地域に直接的な援助を

行って、自立した生活をおくれるような社会運動のことを

指します。基本、グループの中で支援を行います。

 

そして、彼女はアメリカに戻り、

セツルメント施設「ハルハウス」をシカゴに開設。

貧しい人々の支援を行っていました。

 

リッチモンドとアダムスの相違点

リッチモンドソーシャルワークを学問にしようと

していましたが、

その一方、アダムスはソーシャルワーク

学問と扱うことに疑問を感じていました。

それよりもアダムスはセツルメントを

はじめとしたコミュニティによる実践を大切にしていました。

 

そして、リッチモンドは個人や家族に注目していますが、

アダムスは主に社会問題に興味を持っているところにも

相違があります。

 

そして、アダムスはセツルメントの活動が

評価され、ノーベル平和賞を受賞しています。

また、国際的なソーシャルワーク団体「NASW」や「CSWE」

にもそのようなアダムスの考えが表れています。

 

これを聞くと、アダムスの方がソーシャルワーク

の考えとして正しいと思ってしまうかもしれないです。

 

しかし、社会福祉士としては、

リッチモンドソーシャルワークも学び、

両者の視点でソーシャルワークを見れる

ようになった方がいいです。

 

やはり、相談員として働くときは「ケースワーク」が

メインになりますし、学問を学ばなければ

社会福祉士の資格もとれませんので

しっかり勉強しましょう。

 

まとめ

①メアリー・リッチモンド、ジェーン・アダムズ

ソーシャルワークの先駆者として大切な人物である。

 

リッチモンドは自分の慈悲活動から、

ソーシャルワークを学問にすることを大切にしていた。

 

③一方、アダムスはソーシャルワークを学問にする考えには懐疑的。

セツルメントのような集団による実践を大切にしており、

のちにノーベル平和賞をとるほどの評価を得ている。

 

母の日には「花」よりも「母親への感謝」を示すのが一番のプレゼントですよ。

f:id:social-walfare-work:20170515231157j:plain

5月14日は母の日でした。

毎年、わたしは母親にプレゼントをおくっていますが、

今年はお花をあげました。

 

母の日には「家族と一緒に過ごす」のが一番うれしい

フラワーギフト通販の日比谷花壇が、

「母の日にどんなことをしてもらえたらうれしいか。」

というアンケートを実施しました。

 

もらう側にとって、一番ほしいのは「家族の時間」(29.5%)

2位の「花」(28.4%)を超えていました。

www.hibiyakadan.com

 

また、楽天も同じような調査を行っており、

「母の日に本当にほしいのは」というアンケートで、

一位が子どもからの感謝の言葉(31%)

二位が子どもと一緒にいる時間(24%)

と日比谷花壇のアンケートと同じような結果になっています。

event.rakuten.co.jp

 

やっぱり、「花」よりも感謝の気持ちが一番うれしいようですね。 

 

また、5月12日のTBSラジオ『デイキャッチ』にて

宮台真司先生がするどい指摘をしています。

「プレゼントをあげるより、母親に感謝のメッセージを

送ってあげたほうが一番うれしいに決まっている。」

「『母の日は花をあげればいい』というロボットみたいな

考え方が広がっている。」

 

つまり、母親の気持ちを考えないで、

母の日が来たら、「カーネーションをあげればそれでOK」という

贈る側の単純な考えに喝を入れていました。

www.tbsradio.jp

プレゼントには一緒にメッセージを添えて

実際に母親にこのアンケートについて

話してみました。

 

そうしたら、わたしが10歳のとき

母の日に渡した手紙を見せてくれました。

母親曰く「この手紙が一番印象に残っている」とのこと。

 

子どもの頃、苦労して、ちょっぴり照れながら

手紙を書いた記憶がよみがえり、

改めて、あげて良かったと思いました。

 

そして、社会人になってから、

手紙を書くのが面倒になって、

自然と「プレゼントをあげれいい」と

気持ちになっていたことに気づかされました。

 

小学生のわたしが手紙の大切さを教えてくれるとは

思ってもいませんでしたし、今まで

メッセージは書かなかったことを少し後悔しました。

 

今年は「花」だけのプレゼントになってしまいましたが、

次はプレゼントには何かメッセージを添えて

渡そうと思います。

 

母親の誕生日が6月なので、

この機会に手紙で感謝の気持ちを伝えます。

ちょっぴり恥ずかしいですけど・・・

花とは違って、ずっと残るものですからね。

(もちろん、父の日も忘れてはいませんよ。) 

 

一緒に写真を撮るのもきっと

いいでしょうね。きっと記念に残るでしょう。

でも、そこまでするのは照れますね・・・

 

まとめ

今年の母の日は、母親そして家族の大切さを

再確認することができました。

 

社会福祉士としても、感謝の気持ちを文字にする

こと、母親といる時間が大切であることをあらためて感じれました。

 

最後に、「家族」の大切さを描いた『家族のはなし』の動画

がとても良かったので紹介します。

 

その動画で、「家族は面倒。幸せだ」というメッセージが

このブロクで書いたわたしの気持ちとシンクロしていました。

 

介護職をしている人はゼッタイ泣けます。

社会福祉士の実習における事前学習のポイント その2【ケースワークについて】

f:id:social-walfare-work:20170514010437j:plain

前回、社会福祉士の実習をする前に知っておきたい

事前学習として、ソーシャルワークの基礎を紹介しました。

social-walfare-work.hatenablog.com

 

今回はこの記事で扱った

「ケースワーク」について、もっと詳しく

解説していきます。

 

ケースワークとは

ケースワークは社会福祉援助技術」において

クライエントに直接働きをかける

「直接援助技術」に分けられます。

 

ケースワークは個人またはその家族に

自立した生活ができるように支援を行うことをいいます。

 

実習生はこのケースワークを中心に

ソーシャルワークを学習することになります。

 

バイスティックの原則はあんまり気にしないでいい。

ケースワークにはバイスティックの原則」

という作法があります。

 

簡単に説明すると、クライエントと信頼関係を

得るために以下の7つの原則を示しています。

  • 個別化の原 
  • 自己決定の原則
  • 受容の原則
  •  非審判的態度の原則
  •  秘密保持の原則
  • 統制された情緒関与の原則
  • 意図的な感情表現の原則

しかし、バイスティックの原則はいわば

「ビジネスマナー」のようなものです

あまり意識しすぎるとケースワークの本質が

分からなくなりますので、ご注意を。

 

わたしは児童養護施設の実習のとき、

バイスティックの原則を注目して、

どうしたら信頼関係を作れるかずっと考えていました。

そうすると、自然と保育の観点で実習を

受けてしまいます。

 

どうしても「バイスティックの原則」は信頼関係に

中心がいくため、ケアワークの視点に陥りやすいので、

実習では、あくまで基本的なマナーとして

おさえておきましょう。

 

ケースワークの視点を身につけるためには

わたしの個人的な意見ですが、事前学習は実習先のことを

学ぶのも大切ですが、同時にケースワークの基礎知識を

学んでおくべきです。

 

実習でケアワークの視点で日誌を書いてしまう人は 

ケースワークの基礎がわかっていないことが原因にあります。

逆を言えば、ケースワークの視点が身に付けば、

ソーシャルワークの視点で実習を見ることができます。

 

なので、ここではケースワークの視点について書いていきます。

 

ケースワークの視点は

「その人のこれからの未来について考える」

と言い換えることができます。

 

ここで、注目してほしいのが「ケースワーク」は

その人の将来をみているところにあります。

つまり、実習先で利用者と関わる中で、これからその人に起きる未来を

想像することがケースワークの視点になります。

 

また、未来を想像するためには情報が必要です。

なので、支援員は家族と面接したり、エコマップを作成するなど

して情報を得て整理しています。

 

そして、その情報をもとに起きる問題を発見し、

解決策を考える。

これが基本的なケースワークの視点になります。

 

最後に

わたしは実習をするとき、クライエントと仲良くなろうと

することに熱意を燃やしてすぎて、その人のこれからの

将来について全く考えていませんでした。

 

実習を受けるみなさんは、是非、相手のことを知ることを

優先にして、これから起きる問題を想像してください。

 

これができるようになると、一気に相談員のスキルが

上がりますので、あきらめずにトライする価値はありますよ。

『ワイドナショー』出演で分かった「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんが叩かれた原因

f:id:social-walfare-work:20170512162035j:plain

ワイドナショー」出演で話した川谷絵音さんから見たベッキー不倫騒動

5月某日、人気バン

ゲスの極み乙女。

が5か月ぶりにライブを行いました。

 

やはり、

注目されるのはボーカルの川谷絵音さんです。

 

去年のベッキー不倫騒動、未成年の飲酒の

印象もまだ根強く

「まだ復帰するのは早すぎるのでは?」と

話題にされていています。

 

しかし、ファンの方々は

(不祥事はあったけど)復帰してくれて

良かったというのが素直な気持ちかなと

思います。

 

バンド再開にあたって、川谷さんは

ワイドナショー」(フジテレビ系)

ベッキーとの不倫騒動について、地上波テレビで

自ら話をしています。

www.huffingtonpost.jp

そして、謝罪会見を開かなかった理由について

川谷さんはこう言っています。

 

「僕は元々ミュージシャンなので、

テレビで何かを言うみたいなのに対して、

凄い違和感を持っていて、『会見、会見』

と色々言われて、なんか逆に、かたくなに

『出ない』みたいになっていた」

 

川谷さんはミュージシャンとして

ベッキーの不倫騒動についてテレビで

話すことに違和感があり。

そして、「会見しろ」という多くの声が

返って、テレビに出ない気持ちを強くして

しまったとのことでした。

 

川谷絵音さんの「違和感」

ここで考えてほしいのが、

ミュージシャンという立場において

多くの人に「謝罪会見」をするべきか

ということです。

 

不倫はプライベートな問題ですし、

罪に問われることもありません。

 

川谷さんはメンバーや関係者やファンには

しっかり説明、謝罪を行っており、

確かに川谷さんのいう違和感は納得することができます。

 

本当に謝罪会見はしなくてよかったのか。

しかし、川谷さんはワイドナショー

会見を避けていたことについて、

「伝わりきらない部分もあった」

認めています。

 

そして、何よりもずっと会見しないことで

イメージが悪くなってしまったので、

すぐに対応すればベッキーさんにも迷惑をかけずに

最小限でダメージで済んだかもしれません。

 

やはり、不倫があったときは、

メディアに取り上げられてる以上

すぐに会見を開いた方が良さそうです。

 

川谷絵音さんが叩かれた原因

個人的な意見になりますが、

川谷さんに「ゲスの極み乙女。」の

広告塔としての自覚がなかったことが

原因にあります

 

川谷さんは人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカルで

中心的な存在であり、ゲスの「顔」でもあります。

 

今回の騒動で、ゲスの極み乙女。

イメージダウンはありました。

 

しかし、

川谷さんがバンドを大切にするのであれば、

個人的な気持ちよりも、まずどうやって

悪いイメージをなくすか最善の手を尽くすべきです。

 

また、日頃の行動が

バンドのイメージに影響することを

を考えていれば飲酒問題も

ならなかったはずです。

 

不倫の謝罪会見はマイナスではない。

また、問題がわかったときすぐに

不倫の謝罪会見をひらけば

乗り切れることがあります。

 

その成功例として

2016年にあった円楽師匠による不倫謝罪

があります。

www.j-cast.com

円楽師匠は会見で「なんでも話してください」

と誠実な対応をみせて、時には

ユーモアも交えて話をして、会場は大喜利のような

雰囲気だったようです。

 

またすごいことに円楽師匠が出ている「笑点」にも

影響が出ず、逆に円楽師匠にいいイメージがついたように

感じます。

 

やはり、問題が起きたら、

迅速かつ誠実な対応が一番です。

そうすることで、問題を最小限に

することができます。 

最後に

 

今回、ワイドナショー出演して大正解と思っています。

川谷さんの誠実さが伝わってきまし、

少しマスコミに対しても嫌気がさしていたことも

理解できました。

 

何より、テレビで自ら不倫騒動を話そうと

したことが良かったです。

 

もう何もないことを祈って、

最高のパフォーマンスを見せて下さい。

応援しています。

わたしが認知症の人と関わるときに大切にしている7つのこと。

f:id:social-walfare-work:20170511094703j:plain

はじめに

この記事を書いたきっかけは今年5月6日に

大阪・高槻市で73歳の妻が

寝たきりの認知症をもつ夫(76歳)の介護に疲れ、

食事を与えず、死なせてしまう事件をみたときでした。

www3.nhk.or.jp

わたしの利用者にも老老介護

夫が認知症をもち、妻が支える人を知っていたので、

この事件を見て、非常に悲しかったです。

 

また、親が認知症を抱え、その子どもが支える

人たちも多く、介護による負担は相当大きいです。

 

なので、今回は認知症の介護が少しでもラクになるように

わたしが認知症の人と関わるときに大切にしている7つのこと

を紹介したいと思います。

 

1、認知症は病気ではない。

まず、「認知症」は病気の名前ではありません。

 

認知症とは

脳に疾患や老化などが起きて、脳の機能が低下し、

日常生活をおくることが難しくなった状態

をいいます。

 

たとえ、アルツハイマー、脳血管性、レビー小体型などで

脳の働きが弱くなっても、普通に生活できれば

認知症とは呼びません。

 

そして、認知症を病気と決めつけない姿勢は、

一人の人間としてみるために、もっとも大切なことです。

 

もし、認知症の方を病人をみてしまうと、

認知症の悪化を防ぐことに注目がいってしまいます。

 

でも、本来は脳がうまく働かなくても

日常生活に影響を与えないように周りが変化すれば

対応できることもあります。

これは認知症介護の最も大切な考え方です。

 

その視点に立つためには

まず「認知症」を病気として見ないで、

正しい理解をすることが大切になります。

 

2、認知症といっても人それぞれ症状は違う。

認知症にはアルツハイマー、脳血管性、

レビー小体型など種類があり、

それぞれ特有の障害はみられることがあります。

 

しかし、実際に認知症の人に向き合ってみると、

お腹減ったと何度も言う人、暴力を振るう人、

ただボーっとしている人、トイレが上手くできない人、

その多様さに気づくことができます。

 

いわば、認知症は個性といってもいいです。

 

適切なケアをするためには

認知症」における思い込みを捨てて、

その個性を知ることが大切になります。

 

ありのままに受け入れる態度

ができれば、相手の気持ちが理解でき、

その気持ちに合ったケアにつなげることができます。

 

3、相手の覚えていること、できることをみつける。

わたしは認知症の方と関わるとき、

その人のできること、覚えていることを中心に

見つけるようにしています。

 

専門用語で「ストレングス視点」と呼びます。

 

例えば、「字を書く」「歌を唄う」「折り紙を折る」

など、人それぞれできることが必ずあります。

その残された能力を発見する作業は

試行錯誤の繰り返しですが、とても楽しいです。

 

あと、洗濯ものをたたむ、テーブルを拭くなどの

普段、介護スタッフがする雑用を

利用者に手伝ってもらうことも有効な方法として

使っています。

 

先月は利用者とタケノコの皮を剥いたり、

フキのスジを取る作業をしたりして楽しんでいました。

 

4、話すとき、何度も同じことを言ってもいい。

最初に福祉施設に勤めたころは、いろんなことをはなして

利用者を楽しませようと考えていました。

 

でも、最近は認知症の人と会話するとき、

ほぼ90%同じことを話しています。

 

その理由はシンプルです。

「いま覚えていることを大切にしてほしいから」

 

やっぱり、認知症の人にとって、

新しいことよりも、今まで覚えていること

を話す方が安心感があり、笑顔もみられます。

 

また認知症の人は、同じことを言っても

忘れてくれるので、嫌がることも少ないです。

ごくたまに「同じこと言ってる」と怒られることは

ありますが、しばらくすれば忘れるので

特に問題はないです。

 

5、何度も刷り込みをすれば、覚える可能性はある。

認知症の人は忘れやすいというイメージが強いですが、

何度も同じことを繰り返せば、それを覚えることがあります。

 

心理学用語で「刷り込み」といいます。

 

私の施設では、軽度の認知症持つ女性に何度もオセロ

の遊び方を教えていたところ、ルールを理解して、

今はスタッフの協力なしで他利用者と遊んでいます。

 

わたしは

認知症があっても、何か新しいことができるかもしれない」

と意識しながら、同じ作業を繰り返して刷り込みをしています。

うまくいかないことも多いですが、

成功したときの感動はスゴイので、頑張っています。

 

6、「帰宅願望」という言葉をつかわない。

これは介護スタッフによくみられるのですが、

やたら、家に帰りたいと訴える認知症の人を

「帰宅願望」があるという言葉で片づけてしまうことが

あります。

 

でも、「家に帰りたい」ってそれぞれ理由が違うのです。

 

例えば

  • 施設にいるのがつまらないから帰りたい。
  • 家族に会いたいから帰りたい。
  • 日が暮れるまでに帰りたい。
  • バスに乗り遅れるから帰りたい

などいろいろあり、時には相手を理解する上で大切な

情報も含まれていることがあります

 

この「帰宅願望」というワードは

その人の訴えたいことを隠すものと考えているので、

わたしは使っていません。

 

わたし自身のことばで、ありのままに

その「帰りたい」様子を表現するようにしています。

 

7、あえて相手と距離をおくのも大切。

怒り出して、コミュニケーションが全くとれないときは、

あえて距離をとり、遠くから見守っています。

 

すべての人に通じることではありませんが、

認知症の人は目の前に誰もいなくなると、

急に落ち着くことがあります。

 

話しても駄目なときは自由に行動させて

怒りが静まるのを待つのも1つの手段として

使っています。