30代になった社会福祉士のブログ

昭和60年生まれの社会福祉士です。福祉や医療関係、その他ゆるく書いていきます。

MENU

【注意】エナジードリンク、薬などによる「カフェイン」の取りすぎは、最悪の場合、命にかかわるみたいです。

f:id:social-walfare-work:20170623010348j:plain

はじめに

 

新聞の記事で、カフェインを多く含んだ

飲み物や薬を飲んで、

カフェイン中毒を起こし、

2011年から5年間に101人が病院に

運ばれ、7人は心臓が停止し、

そのうち3人は死亡してしまったという、

日本中毒学会による発表がありました。

 

しかも、若い人たち中心に

中毒症状がみられて、その中でも、

看護師の比率が多かったようです。

 

病院で働く看護師は夜勤勤務が

多いですから、

今晩もエナジードリンクやコーヒーを

飲んで、眠くなる気持ちを

我慢していると思います。

www.nikkei.com

また、老人ホームで働く介護福祉士も、

看護師と同じように、夜勤勤務が多い仕事ですし、

疲れと眠気と戦うために

カフェインを取って、

頑張っている人もいるはず。

 

改めて「カフェイン」のことを知り、

うまくコントロールしていきましょう!

 

カフェインの効果とそれを含む食べ物って何なの。 

 

カフェインは色やにおいは無く、

苦みがある物質のひとつで、

主にお茶の葉やコーヒー、カカオなどに含まれています。

 

脳や心臓、腎臓などを活発にし、

興奮剤、強心剤、利尿剤として

使われています。

そして、副作用不眠、めまい、腹痛などがあります。

 

カフェインを含む飲み物としては、

緑茶、コーヒー、コーラ、ココア、

エナジードリンクがあります。

またチョコレートにも含まれています。

 

注意すべきは「中毒症状」 

 

カフェインには一度に1グラム以上を

摂取すると中毒症状になると言われています

しかし、飲み物で一番カフェインを含む

玉露でさえ、180mg(150mlあたり)

なので、普通に過ごしている分では

中毒になる心配はありません。

参考URL:飲み物別のカフェイン含有量

 

しかし、

今回の日本中毒学会の調査をみると、

心臓が止まった7人はいずれも

6グラム以上取っており、

最大で53グラム摂取した人もいました。

 

そして、カフェイン中毒になった人の97人は

眠気防止薬を服用していたとのこと。

また、眠気防止薬と一緒にエナジードリンク

やコーヒーを飲む人もいました。

あと少数ですが、エナジードリンクだけの

中毒も4人いたので、

エナジードリンクの飲みすぎには

気を付けたほうがいいようです。

 

また、中毒状態でカフェインをやめると

頭痛や吐き気、筋肉痛などの症状が現れ、

二日目あたりにピークになり、

その後は落ち着くとされています。

 

最後に

 

今回はカフェインについて

取り上げましたが、

介護福祉士の職員だけでなく、

高齢者施設の利用者にも注意が必要です。 

 

脈拍が高いお年寄りには、

カフェインの多い玉露入りのお茶

コーヒーを提供するのはやめましょう。

逆に脈拍を上げてしまいます。

 

1日にとっていいカフェインの摂取量

は決められていませんが、

カフェインのメリット、デメリットを

理解して、健康的な生活をおくりましょう。

社会福祉士の専門性をなるべく簡単に説明してみた。

f:id:social-walfare-work:20170618231957j:plain

はじめに

 

社会福祉士の学校で学ぶとかならず

「専門性」というキーワードに何度も

出くわします。

 

わたしは学生のとき、専門性について課題レポートが

出され、全く意味が分からず苦労しました。

 

講師に「専門性」について質問しましたが、

明確な答えがなく、結局わからないまま卒業しました。

 

わたしと同じように

いまいち「社会福祉士の専門性」がわからないまま、

なんとなくで済ませている方もいるのでは。

 

そんな人に向けて、わたしなりに「社会福祉士の専門性」

について簡単に説明したいと思います。

 

学生時代に思っていた「専門性」

 

学校にいたとき、その「専門性」について

グループワークをしたことがあります。

 

そうすると、社会福祉士の専門性は

「人と人のつながりを通して、困っている人の課題を解決していくこと」

というのが、クラス全員に共通していました。

 

実は、この考えはちょっと専門性とは違います。

だって、NPO法人や民間団体などの社会福祉士ではない人たちも

同じようなことをして活躍してますから。

 

でも、ソーシャルワークの構成要素には

「人のつながり」が大切ですので、そこは間違えないようにしてください。

 

社会福祉士の専門性とは

 

元々、ソーシャルワークは慈悲活動の実践をもとに、

理論として発展したところから始まります。

 

単純に言うと、実践で得た技術、知識を「学問」として発展させて

いったんです。そして、現在でも、社会福祉士

「援助技術」などの理論を学んで、現場で実際に用いています。

 

つまり、社会福祉士の専門性は

今までのソーシャルワークの理論などを学び、

それを現場で実践していくことがもっとも大切な構成要素になります。

 

だから、社会福祉士の養成学校で行う「実習」は

まさしく専門性そのものなんですよね。

 

しかし、この専門性は実践から得たものを言葉に直したもの

なので、その内容がとても曖昧で理解しにくいです。

だから、多くの人が路頭にまよってしまいます。

 

それでも、社会福祉士の専門性には、その理論を

後世に残す意味もあります。だから、

わたしたちはソーシャルワーク実践して、その理論を学び、

次の世代に伝えていくことも大切な要素になります。

 

最後に

人を援助するとき、勘や経験に頼るのではなくて、

実際に援助技術などの理論などを学び、

実践することに社会福祉士の「専門性」があります。 

その専門性は範囲が広く、つねに更新されています。

 

もし、専門性についてもっと知りたければ、

以下のリッチモンドとアダムスの記事がいいヒントになると思います。

課題レポートの参考にどうぞ。

 

social-walfare-work.hatenablog.com

 

リハパンを安い価格で手に入れたい人は必見。知って得する3つのポイント。

f:id:social-walfare-work:20170615000308j:plain

はじめに

 

高齢者介護のとき、あると便利なリハビリパンツ。

必要な人にとっては、毎日使うものであるので、

なるべく安く済ませたいものです。

 

わたしは仕事で、宿泊利用者のリハビリパンツを

買っているので、その経験をもとに

知って得する3つのポイントを教えます。

 

1、リハビリパンツを買うなら、メーカーは「サルバ」がもっとも安くてお得。

メーカーは大手だとアテント、ライフリーのリハビリパンツがあります。

しかし、値段で選ぶなら「サルバ」がもっとも安いです。

サルバDパンツしっかりガード 安心の長時間パンツ|製品ラインナップ|サルバ|白十字

品質においても、他メーカーのリハビリパンツと差はほとんどないので、

特にこだわりがなければ、購入して問題ないです。

 

また、リハビリパンツ用の尿とりパッドも「サルバ」が男性用、女性用

ともに安く、数も多くてお得です。

サルバ尿とりパッドスーパー 男性用|製品ラインナップ|サルバ|白十字

サルバ尿とりパッドスーパー 女性用|製品ラインナップ|サルバ|白十字

わたしの利用者の多くが、「サルバ」のパッドを使っています。

 

2、激安で買うなら、ドラッグストアが一番。

 

リハパンを買うなら、ドラッグストアにしましょう。

スーパーマーケットより圧倒的に安く売っています。

 

アマゾンなどの通販でも安く売っていますが、

送料がかかるので、サンドラックの方がお得です。

 

また、ドラッグストアで買うとポイントもたまるので、

たまったポイントで割引が使えるメリットもあります。

 

あと、ドラッグストアでも、店によってはリハビリパンツの値段が異なっていたり、

欲しいメーカーのものが置いてなかったりするので、ご注意ください

 

わたしの地域は『マツモトキヨシ』は、

アテント、ライフリーがメインで

「サルバ」を取り扱っている所が少なく、

若干値段が高めなので、そこではほとんど購入はしていません。

 

一方、『サンドラッグ』、『クリエイトSD』は

「サルバ」のリハビリパンツが置いてあり、

値段も安いため、良く利用しています。

 

3、住んでいる地域によっては、助成金がもらえることも。

 

もしかしたら、購入したリハビリパンツの費用が一部戻ってくるかもしれません。

 

一部の市町村では、「紙おむつ購入費助成」という助成金制度というものがあり、

その購入対象に「リハビリパンツ」「パッド」が含まれていることがあります。

 

まず、お住まいの地域が「紙おむつ購入費助成制度」を行って

いるのか確認をしてみましょう。

 

もし、その制度を行っていたら、その助成金の対象に

なるのか役所に聞いて、すぐに対応した方が良いです。

 

最後に

 

安く購入するなら、直接ドラッグストアで買った方が

お得なのですが、一つ大きな問題点があります。

 

それは、とてもパッケージが大きく、運びづらいところです。

リハビリパンツとパッドを一緒に買うだけでも結構かさばって

運ぶのに苦労します。あと運ぶのに車は必須ですね。

 

運搬がとてもネックになるので、アマゾンなどの

ネット通販も多少割高になりますが、使うのもありだと

思います。ぜひご参考まで。

高齢者の個別支援計画書ってそもそも必要あるのかなぁ。 その役割と問題点について考えてみた。

f:id:social-walfare-work:20170612002920j:plain

はじめに

 

高齢者介護施設などでは、かならず

利用者ひとりひとりに「個別支援計画書」を

作成しないといけません。

 

もし作成を怠ると、監査が入ったとき、

何十万円のペナルティが課されることもある

大切な書類です。

 

でも、頑張って計画書を作っても、

担当のケアマネジャーやスタッフは忙しくて、ざっとみるだけで

その内容をしっかり把握していないこともあります。

 

なので、今回は個別支援計画書の役割と問題点について

考えてみました。

 

個別支援計画書ってどういうもの?

 

高齢者介護の場合、福祉サービスを利用する前に、

まずケアマネジャーがその利用者をアセスメントし、

支援目標が設定されます。 

その支援目標をまとめたものを「ケアプラン」と呼びます。

 

様式としては、

その利用者の課題・ニーズ、長期目標、短期目標が

設定されます。

 

そして、この「ケアプラン」を柱として、

その家族、介護施設、関係機関と協力しながら、

目標達成を目指します。

 

そして、介護施設はその支援目標を達成するため方法を

明確にするために、ケアプランをもとに個別支援計画書を作成をします。

 

そして、その現場スタッフがその個別支援計画書に従って、

実際に支援を行っていきます。

 

あと、支援計画は利用者と共有するものであるため、

かならず利用者かその家族に説明をして、

同意のサインと印鑑が必要になります。

 

そして、支援計画できた後も、

モニタリングして目標が達成できたかどうか

評価する必要があります。

 

個別支援計画書って、形だけで中身がない。

個別支援計画書をもとに介護職員は利用者に支援をする

のですが、わたしの職場では、現場スタッフはほとんど覚えておらず、

共有はできていないと感じています。

 

だから、支援計画書の作成者が直接スタッフに

支援内容を伝えて対応しています。

 

あと、計画書を作成する側も忙しくて、

しっかり計画を作る余裕がなくて、

形だけになってしまいやすいんです。

 

完全に役所の監査対策のためにやっているようなものになっています・・・

 

一所懸命に作っても、現場のスタッフも

なかなか忙しく、計画書にざっと目は通すものの、

うまく支援計画が共有できていない現状が

わたしの職場ではよくあります。

 

また、利用者やその家族に個別支援計画書を説明しても、

手間に感じる人もいるので、しっかり目標が理解されているのか

疑問に思うこともあります。

 

最後に

 

個別支援計画書って、目標を共有することで、

チーム全体の方向性を決める大切な役割をもっています。

しかし、実際は形だけになっているのではとよく思います。

 

これじゃ本末転倒です。

児童養護施設などでも、支援計画書を作成しますが、

高齢者施設と同じようなことが起きているのではないでしょうか。

 

全体的に目標達成の意識レベルが低く感じるので、どうやってレベルを

あげることができるのか真剣に考えたほうがいいでしょう。

 

日野晃の東京・ワークショップに初参加したら、先生にめっちゃ「喝」を入れられました。

http://meikyojyuku.com/ 

 

はじめに

 

知り合いに「とても良いよ」と言われて、

6月4日に日野晃・東京ワークショップに行ってきました。

場所は東京都江東区で、午前11時から午後7時まで

丸一日参加しました。

介護施設で働いているわたしには

スゴイ良かったので、レポートしていきます。

 

日野晃の東京・ワークショップって何?

 

講師を務める日野晃先生はこんな方です。

日本の歴史に残る武道の達人を研究し、そこで発見した身体理論や表現理論を

日本や海外で教えています。

YOUTUBEでも検索すると、結構スゴイ動画がみられます。

昔、刃物を持ったヤクザたちに素手で立ち向かったことがある伝説が

あるみたいですよ。2chでも暴力団を壊滅したとかスレッドが立っています。

 

でもワークショップでは時に厳しいことも言いますが、

基本、明るくて面白いおっちゃんです。

 

ちなみに今回参加した「ワークショップ」は

身体塾・身体関係塾・表現塾の3種類があり、

アプローチはそれぞれ違うのですが、

どの仕事のひとでも、役に立つヒントを

見つけることができます。

 

参加者はダンサー、役者、格闘家だけでなく、

理学療法士や整体師などの、

介護職と近い職業の人もいました。

 

ワークショップは一言でいうと「合気道」のような感じでした。

あらかじめ、動画や日野先生の本をみて予習をしていましたが、

実際にやってみると非常に難しく、理解できないことが多くありました。

 

半泣きしそうになった「表現塾」

 

わたしは身体塾・身体関係塾・表現塾の全部を受けましたが、

その中でも「表現塾」がとても大変でした。

 

でも、その内容はすごいシンプルでした。

2人組になり、向き合って「こんにちは」と言うだけ。

そのときに相手に自分の気持ちが届いたかどうか

常に確認しながら、ワークをしていました。

 

ワークをしてから、数分後、日野先生がわたしに

「君は介護の仕事をしているが、人と関わりたいと思わないのか」

とたずねてきて、

 

わたしは思わず、「少しは」と答えたら、

f:id:social-walfare-work:20170608190944p:plain

と一喝されました。

 

正直、びっくりしました。だって、初参加なのに

「介護の仕事を辞めてしまえ。」

って言われるなんて想像していませんから。

もう泣く寸前でしたよ。

 

しかし、そう言われたときに、

もっと真剣に取り組まないといけないんだとわかりました。

なので、先生に「会話をしたい」と即答し。

 

そしたら、「だったら、真剣に相手の目を見つめて、会話の苦手な

自分を変えるためにやってみろ」と叱咤されました。

 

必死になることの大切さ

 

それからはホントに大変でした。

何回も「こんにちは」を繰り返しても

全然、相手に伝えることできないですもの。

もう、暗い部屋で答えを必死で探す感じでした。

 

結局、上手く伝えられずに終わってしまいましたが、

「相手に声をかけたとき、全くその気持ちが伝わっていない」

ということを感じることができました。

 

そして、表現塾の終わりに質問タイムがあったので、

先生に「自分の言葉が、相手に気持ちに届いていないことが

分かりましたが、それをどうやって克服すればいいですか」

と聞きました。

 

すると、先生は「必死になれ」と一言。

必死なって取り組むことが、カギになるようです。

 

そして、先生が

「表現塾では君が誰よりも一生懸命に取り組んでいた。

この2時間でだいぶ変わったよ。」と言ってくれた時は

思わず、目頭が熱くなりました。

 

その後、ワークショップ常連の理学療法士や整体師が

話しかけてくれて、

わたしの真剣に取り組む姿やその成長に

喜んでくれていました。

 

そのときに、必死になることで、はじめて相手に気持ちを

伝えることができるのではと思いました。

 

そこからは気持ちを一新して、必死になって

仕事に取り組めるようになりました。

 

高齢者デイサービスの利用者にも

真剣に目を見つめ、気持ちを伝えるようにしています。

すると、認知症で介護に抵抗があった人も

すんなりと受け入れてくれました。

 

なんと、

日野先生もその時のやり取りをご自身のブログで

取り上げてくれました。

三日目終了 | 日野晃のさむらいなこころ

ありがとうございます。  

 

最後に

 

秘書検定の勉強をしてから、

正しい礼儀作法も身に付いてきたので、

うまく気持ちを相手に伝えていたと思っていました。

 

でも、先日参加したワークショップで

まったく勘違いだったと実感しました。

 

ホントに日野先生のワークショップはすごかったです。

 

費用も一コマ3,000円で安いですし、

ワークのはじめと終わりに、なんでも相談タイムを設けてくれるので、

自分の悩みをぶつけてみるだけでも、十分参加する価値はありますよ。

わたしみたいに叱咤されることはあると思いますが・・・

 

次は東京で12月上旬にあるので、時間があったら

また参加しようと思います。

あと、沖縄や福岡、大阪でもワークショップも行っているようです。

沖縄が一番盛り上がるといううわさがありますが・・・

 

また、医師・介護・看護・理学療法士鍼灸師・整体師にむけた

体験セミナーが2017年7月16()に行われます

受講料は15,000円と高めですが、

本気で自分を変えたい医師・介護関係者にはぜひご参考まで。

meikyojyuku.com

話題の「忖度(そんたく)」をわかりやすく分析してみたら、問題の本質がみえてきた。

f:id:social-walfare-work:20170608013213j:plain

忖度(そんたく)が空前のブーム

政治ニュースで聞く「忖度(そんたく)」という言葉が 一躍有名に

なりました。「忖度って何?」と思う方も多いのでは。

 

きっかけは森友学園への国有地売却問題でした。

その国有地の鑑定評価額は9億5600万円だったのに、

森友学園に1億3400万円で売られたため、

なぜ8億円値引きされたのか問題になりました。

 

3月23日、当時、森友学園の学園長であった篭池泰典氏が

日本外国特派員協会での記者会見で、

「安倍首相から森友学園への国有地売却に口利きがあったのか」と質問され、

篭池氏は「口利きはしていない。忖度をしたということでしょう」と

返答したところから、「忖度」は注目されるようになりました。

 

そして、面白いことに忖度という言葉を聞いた外国人記者は

言い換えの表現が見つからず、困ったそうです。

 

参考URL 

森友学園問題で「忖度」の検索が増加 どんな意味? - ねとらぼ 

 

忖度(そんたく)って何。

 

「忖度」という言葉を紹介する記事はよくみかけるのですが、

このブログの説明が一番わかりやすいと思いました。

whatimi.blog135.fc2.com

 

ここでは「忖度」を「相手の本音をさぐる」という簡単な表現をしています。

 

そう考えると、篭池氏の発言は

「口利きではなく、安倍首相の本音をさぐるようにした」

ということになります。

 

「安倍首相の本音をさぐるようにした」とはどういうことか。

 

忖度の意味を簡単にしても、いまいち意味がわからないので、

補足していきます。

 

まず、疑問に思うのは

誰に向けて、その本音を探るように働きかけたのでしょうか。

 

それは財務省理財局・局長の迫田英典氏でした。

理財局は国有地の売買を担当するところであり、

この問題の当事者でもあります。

(しかし、彼は参考人招致で、完全否定しています。)

 

では、なぜ忖度(そんたく)をしたのでしょうか。

ポイントになるのは、安倍首相と財務省理財局の関係です。

 

2014年、官僚の天下りをなくすために、

安倍内閣は「内閣人事局」をつくり、

官邸が全省の課長クラス以上における人事権を

握ることになりました。 

 

この「内閣人事局」により、

安倍首相が全省の課長以上の官僚に対して、強い権力を持つようになりました。

 

もし、安倍首相に気に入らない官僚がいれば、

権力を使って、クビにすることもできます。だから、弱い立場の

官僚はイヤでも、安倍首相に忖度しなければならない

現状があると思われます。

 

だから、森友学園の土地売却問題においては、

安倍首相が「内閣人事局」の権利を使って、

財務省理財局の官僚を動かすことが可能になります。

一般的に「パワハラ」っていいますよね。

 

つまり、安倍首相が強者で、財務省理財局の官僚が弱者という関係

忖度(そんたく)が行われている背景があります。

 

「忖度」が示す本当の意味

 

なんで首相が直接、官僚に指示をせずに

ホントの気持ちを探らせようとするのでしょうか?

 

それは、「忖度」をつかって、官僚を動かすと

証拠が残らないんです。結局、森友学園への国有地売却の件も

「安倍首相は直接指示していないし、勝手に官僚がやったこと」

と切り捨てができるんです。

つまり、安倍首相が指示をしたと認めない限り、

罪に問われないのです

 

だから、問題の真相が分からないまま、今日に至っています。

 

まとめ

 

つまり、「忖度」とは、「権力者が自身の特権をつかって、

官僚に本音を伝えようとすること」といえます。

その根拠は「忖度」を使えば、私的に権力をつかっても

罪にならないというメリットがあるからです。

 

しかし、現在、加計学園問題で

直接官邸側が官僚に働きかけた文章が発見されたので、

大きな問題となっています。

 

きっと、官邸サイドはずっと否定するでしょう。

そうしないとまずいですからね。

でも、問題の本質に切り込まないとまた

同じことが起きてしまうのではと不安になります。

そうならないためにも、しっかり経緯を見守りましょう。

足の筋肉って「鍛えなきゃ損」と思った2つの出来事。

f:id:social-walfare-work:20170606235154j:plain

はじめに 

健康で老後の人生をおくりたいとは思うけど、

30代のわたしが、今できることって何だろうか。

 

栄養管理、定期的な健康診断、ダイエット

適度な運動、お金を貯めるなど

色々思い浮かぶと思います・・・

 

でも、意外と思いますが、「足の筋力」って

今のうちに鍛えた方が、老後になっても

得だなぁと思うことがあったので、

ご紹介します。

 

1、小さい頃、足を鍛えていた人は寿命が長い

高齢者デイサービスで働いていると、

90歳以上なのに、杖も使わずに

歩ける人をみかけることがあります。

 

その人たちは、

若いときに、短距離走などの陸上選手だったり、

かけっこが得意だった人が多かったのです。

また、よく山を登っていた人もいました。

 

つまり、小さい頃に足を鍛えていた人は

健康的に長生きする傾向がみられています。

 

特に「若いときに鍛えること」が大切です。

 

正直、30代のわたしには足の筋力について

特に考えることもなく、足のリハビリするお年寄りを

対岸の火事のように見ていました。

 

でも、最近は、年を取って「足の筋力が衰えた」と感じてから

だと手遅れで、若いときに「どれだけ足を鍛えたか」が

大切になると元気なお年寄りの方から学びました。

 

2、ふくらはぎを鍛えていないと足が冷えたり、むくんだりする。

わたしは足つぼマッサージに行くのですが、

ふくらはぎが冷えているとよく言われます。

 

一番の原因は運動不足だと言われました。

正直ショックでした。

 

ふくらはぎって、筋肉が縮むことで

全身に血を押し上げる「ポンプ作用」があるんです。

例えば、水を撒くとき、ホースの先端をつまむと

勢いよく水がでますよね。

筋肉が縮むことは「ホースの先端をつまむ」と

同じ役割をはたしていて、その力が強ければ、

その分、血液の巡りも増します。

 

なので、ポンプ作用のカギはふくらはぎの「筋力」

になります。日頃、鍛えていないと

むくみや冷えにつながります。

 

また、個人的な感想ですが、

ふくらはぎの筋力低下は血の巡りが悪くするため、

老廃物が蓄積しやすくなり、疲れやすく感じます。

 

そのセラピストの話から、車での移動は控えて、

代わりに自転車を使うようにして、鍛えるようにしています。

 

最後に

高齢者デイサービスの利用者をみて思うのは、

歩けなくなると老人ホームなど介護施設に行ってしまう方が多くいます。

特に階段を上らないと自宅に入れないところは、ほぼ確実に施設暮らしになります。

 

健康的に長生きしたい人は、足の筋力を鍛えることが大切です。

年を取って「こんなはずじゃなかった」

と後悔してからではもう遅いですよ。